電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

知的障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況

お父様より電話にて20歳になるタイミングで障害年金の申請をしたいとの相談を頂き、後日お父様、お母さまに来所頂きました。

社労士による見解

この方は保育園に入園した頃から他の園児と違う行動を取ったり、うまくコミュニケーションがとれない状況があり、検診で知的障害の可能性を指摘されていました。

小学校では普通学級でしたが授業内容を理解する事ができず、突然教室を飛び出してしまうなどの行動がありました。

担任の勧めで児童相談所へ行き知的障害と診断されました。その後、中学校は特別支援学級、高校は養護学校へ進学しました。

日常生活の状況をヒアリングしたところ、言葉でのコミュニケーションが難しかったり、お金の価値を理解出来なかったり、早朝や深夜に大声で歌を歌うなどの行動があり、日常生活の大部分に援助が必要な状況だった為、障害等級に該当している可能性が高いと判断しました。

相談から請求までのサポート

面談時にヒアリングした日常生活状況を診断書作成依頼時に主治医へ書面で情報提供し、病歴就労状況等申立書にも日常生活の状況を詳細に記載致しました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円を受給しました。

ご両親もお子様の将来に不安を感じていらっしゃいましたので障害年金を受給できる事となり少し安心された様子でした。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。