電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

事例

直腸がんでの障害年金の受給事例

直腸がんを患った奥様のために、障害年金の受給に関してご相談にいらっしゃいました。初診日から約1か月後に人工肛門を設置しておられましたので、1年半を経過せずとも申請できる状況でした。人工肛門設置だけだと、障害等級は3級相当です。 しかし初診日時点で加入しておられたのは、2級以上でなければ受給できない国民年金でした。奥様のご状況をヒアリングしてみると、癌が肺にも転移しており、また抗がん剤治療の影響でウ 続きを読む

乳がんによる障害年金受給事例

Sさんのお兄さんから、「Sが癌だが、障害年金は乳がんでも受給できるのか?」 と連絡がありました。Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛 などがみられていました。また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。 その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていましたが、 骨に転移が判明してしまいました。障害年金の受給の可能性が高いことがわかりました。 また、条件とし 続きを読む

情緒不安定性人格障害による請求事例

Hさんの母は、長年つづけてきたパートと家庭の両方で、常に働きまわっていたそうです。10年前から、感情の起伏が激しくなったり、衝動的な行動が増え、とうとう家族以外の人と話すことにも度々恐怖心を見せるようになり、Hさんが精神病院へ連れて行き、通うことになりました。精神病院では情緒不安定性人格障害と診断されました。診断書をもらうにしても、 症状の起伏が激しいために症状が見えづらく、担当の医者も苦労したよ 続きを読む

初診の病院がカルテを破棄したが、統合失調症で障害基礎年金2級を受給出来た事例

  相談時の状況 まずはご家族から電話にて相談頂き、後日事務所へお越し頂き面談を行いました。 社労士による見解 この方は、中学年生の頃から幻覚や幻聴を自覚されるようになりました。学校に行く事が出来ず欠席も多い状況でしたが、なんとか高校まで卒業されました。卒業後は就職しましたが、すぐに症状が悪くなり退職され、その後は継続した就労が難しい状況になりました。その後結婚されましたが 続きを読む

社会的治癒が認められ障害厚生年金3級を受給できた事例(人工肛門)

相談時の状況まずはご本人から電話にて相談頂き、後日事務所へお越し頂き面談を行いました。社労士による見解20歳前に潰瘍性大腸炎に罹り大腸を摘出されておりました。大腸摘出後は症状は安定し学業や就業も問題なくされており病院受診もされていない状況でしたが約10年後に症状が悪化し受診。相談に来られた前月に人工肛門を造設されておられました。人工肛門を造設した場合原則3級となりますが、この方の場合初診が20歳前 続きを読む

頚椎症性脊髄症で障害厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況まずはご本人から電話にて相談頂き、後日事務所へお越し頂き面談を行いました 社労士による見解この方はH16年頃から両腕の痛みや脱力感を自覚されるようになりましたが仕事内容が肉体労働だった為、仕事の疲れからくるものだろうと思い受診せず温泉や湿布で様子を見ていらっしゃいました。H23年頃から症状が悪化し痺れを自覚されるようになり整形外科を受診し頚椎症性脊髄症の診断と診断され、椎弓形 続きを読む

脳出血後遺症で障害基礎年金1級を取得、総額約400万円を受給できた事例

相談時の状況ご主人からメールにて相談頂き、後日、事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は約5年前に頭痛とともに右半身の脱力感や言葉が出ないといった症状があり救急搬送され脳出血と診断されました。その後リハビリの為回復期の病院へ転院され、約半年間リハビリをしましたが右半身に強いマヒが残りました。相談に来られた時点では右半身のマヒにより歩行はままならず日常生活の動作の殆どが自分一人では行えず家 続きを読む

慢性腎不全で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できた事例

相談時の状況お母さまより電話にて相談頂き、後日事務所へお越し頂きました。ご本人は体調が悪く来所できなかった為、お母さまと面談させて頂きました。いつを初診日にして良いが分からず困っていらっしゃいました。社労士による見解この方は10程前、B型肝炎の治療の為受診した際に血糖が高い事を指摘され、内服での治療が開始となりました。その後一旦は血糖が正常値に戻りましたが、再び悪化し糖尿病性腎症の診断を受けました 続きを読む

知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額約78万円を受給出来た事例

相談時の状況お母さまより電話にて相談頂き、後日、お父さまとお母さまが来所され面談致しました。20歳となるタイミングで障害年金を申請したいとの相談でした。社労士による見解この方は小、中学校は普通学級でしたが他者とのコミュニケーションうまく取れず友人が出来ずほとんど1人で過ごしていました。学校の授業にもついていけず成績も下位。高校へは進学しましたが、その頃から精神的に不安になり意味不明な言動や小さい子 続きを読む

社会保険加入中で障害厚生年金3級を取得、年額約58万円を受給出来た事例

相談時の状況ご本人から電話にて相談頂き、後日、事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は15年程前より気持ちの落ち込みや集中力の低下を自覚するようになり自宅近くのメンタルクリニックを受診。2ヵ月程通院し症状が軽快した為受診を中断。その後は気分の変動はありましたが受診していませんでした。5年程前に症状が再燃し落ち込みや希死念慮から仕事に支障をきたすようになり精神科を受診し統合失調感情障害と診 続きを読む

<< 前の記事を見る

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。