電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

統合失調症で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況

ご本人様よりお電話で相談頂き、後日来所して頂きました。

社労士による見解

この方は約7年前より、自分を脅迫するような幻聴が聞こえたり、誰かに監視されているような感覚を感じるようになりました。

次第に妄想状態も激しくなった為、精神科を受診し統合失調症と診断されました。

内服での治療により妄想や幻聴の症状は治まりましたが、落ち込みや無気力の症状が出るようになりました。薬の量を減らすと、妄想などの症状が再燃するなど薬の調整も難しい状況でした。

ストレスを感じると症状が悪化する為、安定して働く事が出来ない状態が続いていました。

日常生活の状況をヒアリングしたところ落ち込みや意欲の低下から家事がままならない状態が続いている状況でしたので、障害等級に該当する可能性があると判断しました。

相談から請求までのサポート

障害認定日時点は症状が落ち着いており、年金記録からも厚生年金に加入し就労出来ていた事が確認された為、障害認定日時点では障害等級には該当していない可能性が高く事後重症請求としました。

現在通院中の病院は転医して間もなかった為、今までの通院歴や日常生活の状況を書面でまとめ主治医へ情報提供しました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。