電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

発達障害・知的障害

社会保険加入中で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円受給出来た事例

相談時の状況息子様が20歳を迎えるにあたり障害年金の申請をしたいとお母様よりお電話にて相談頂き後日、来所して頂きました。社労士による見解この方は仮死状態で出生された事から右半身が麻痺し生後2ヵ月から4歳頃まで定期的に母子入院しリハビリを続けました。医師からは歩く事は出来ないだろうと言われていましたが懸命にリハビリをした事や運動が好きでスポーツを続けた事から走る事が出来るまでになり日常生活面において 続きを読む

軽度知的障害、高次脳機能障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円受給出来た事例

相談時の状況息子様が20歳を迎えるにあたり障害年金を申請したいとお父様より電話で相談頂き、後日来所して頂きました。社労士による見解この方は2歳の時にモヤモヤ病が原因で脳梗塞を発症されました。脳梗塞が原因で脳の知的発達の遅れと、高次脳機能障害が後遺症として残りました。小中学校は特別支援学級、高校は特別支援学校へ進学しました。特別支援学校入学に際し療育手帳を取得されました。簡単な言葉のやり取りは行えま 続きを読む

知的障害で障害基礎年金2級に認められ年額約123万円受給できた事例

相談時の状況ご本人より電話にてご相談頂き、後日来所して頂きました。2年程前に一度ご自分で申請をされましたが不支給の決定が下り再審査請求までしましたが結果が覆る事はなく、大変お困りの状況でした。社労士による見解この方は小学校の頃より授業についていけず特に計算が苦手でした。何とか高校を卒業し事務の仕事に就きましたが仕事を覚える事が出来ず計算間違いや注文忘れなどのミスが多く、解雇されてしまう事が多い状況 続きを読む

広汎性発達障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給出来た事例

相談時の状況お母さまより電話で相談頂き、後日来所して頂きました。ご本人は体調不良により来所できませんでした。社労士による見解この方は幼児期より言葉の発達の遅れが見られ他者とコミュニケーションを取る事が苦手な為、友達関係を築く事が出来ず1人で過ごす事が多い状況でした。高校を卒業後は事務などの仕事に就きましたが仕事を覚えられなかったりミスをする事が多かった為、どれも長続きしませんでした。特定の事や物に 続きを読む

知的障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況お父様より電話にて20歳になるタイミングで障害年金の申請をしたいとの相談を頂き、後日お父様、お母さまに来所頂きました。社労士による見解この方は保育園に入園した頃から他の園児と違う行動を取ったり、うまくコミュニケーションがとれない状況があり、検診で知的障害の可能性を指摘されていました。小学校では普通学級でしたが授業内容を理解する事ができず、突然教室を飛び出してしまうなどの行動がありました 続きを読む

知的障害で障害基礎年金2級に認められた事例

相談時の状況お父様より電話にて相談頂き、後日来所頂きました。社労士による見解この方は小学校の頃より学習面で遅れが出始め、中学生の頃にIQの低さを指摘されていました。特に数字が苦手で計算が出来ず、学校の成績は下位でした。中高一貫校を卒業後は県外の短大に進学し寮生活となりましたが、金銭管理が出来ず友人からお金を借りても返さない等でトラブルになったり学校の単位が取得できない状況があった為、退学。退学後は 続きを読む

社会保険加入中、知的障害で障害基礎年金2級を受給した事例

相談時の状況お母様より電話にてご相談頂き、後日ご本人、お母さまに事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は2歳頃から指示がうまく通らず言葉でのコミュニケーションが困難な状況でした。小学校は普通学級でしたが算数は殆ど出来ず成績はいつも下位。中学校では特殊学級となり高校へ進学。療育手帳の申請を勧められましたが父親が猛反対し取得されませんでした。高校卒業後は自衛隊へ入隊され8年後自衛隊を退職。退 続きを読む

知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額約78万円を受給出来た事例

相談時の状況お母さまより電話にて相談頂き、後日、お父さまとお母さまが来所され面談致しました。20歳となるタイミングで障害年金を申請したいとの相談でした。社労士による見解この方は小、中学校は普通学級でしたが他者とのコミュニケーションうまく取れず友人が出来ずほとんど1人で過ごしていました。学校の授業にもついていけず成績も下位。高校へは進学しましたが、その頃から精神的に不安になり意味不明な言動や小さい子 続きを読む

発達障害で障害基礎年金2級に認められた事例

相談時の状況まずはご本人から電話にて相談頂き、後日事務所へお越し頂き面談を行いました。社労士による見解この方は23歳の頃、家の戸締りや、時計の音、色彩の強い色が気になり勉強が手につかないような症状が出始めた為、精神科を受診し強迫神経症と診断されました。 その後は薬で症状は落ち着いていましたが1年程前より悪化し、目に見える物すべてが怖いと感じるようになり、仕事が出来なくなりました。 何度か転医され 続きを読む

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。