電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

双極性障害

Ⅱ型双極性障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円受給出来た事例

相談時の状況 ご本人より電話でご相談頂き、後日来所して頂きました。社労士による見解この方はH18年頃より気持ちの落ち込みを自覚するようになり不眠や食欲不振が続くようになりました。大学進学に伴い環境が変化した事で症状が更に悪化した為、メンタルクリニックを受診され不安神経症と診断されました。その後も症状の改善と悪化を繰り返す状態が続きました。抑うつが主症状でしたが次第に興奮したり、異様にテンションが高 続きを読む

双極性感情障害で障害厚生年金2級に認められ年額約185万円を受給できた事例

相談時の状況ご本人より電話にてご相談を頂き、後日、来所頂きました。社労士による見解この方は約5年程前から職場での人間関係に悩みはじめ不眠や意欲低下を感じるようになりました。職場の勧めもあり精神科を受診し、うつ病と診断されました。労務不能と判断されすぐに休職となりました。約1カ月後復職し、症状は続いていましたが仕事は続けていました。約3年程前より急激に気持ちが昂るようになり職場の同僚と喧嘩になったり 続きを読む

初診の病院が閉院でも障害厚生年金3級に認められた事例

相談時の状況ご本人よりメールにてご相談頂き、後日事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は3年程前より会社での人間関係が原因で不眠や気持ちの落ち込みが強くなりメンタルクリニックを受診しうつ病と診断されました。約1カ月間休職した後、復職しましたが、うつ症状が悪化した為退職となりました。退職して以降は、うつ症状に加え時折、そう状態となる事があり仕事が出来ない状態が続いていました。何度か転医して 続きを読む

双極性感情障害で年間約78万円を受給できた事例

相談時の状況お父様が手続きを進めていらっしゃいましたが初診が25年前でありカルテも破棄されており申請を諦めている状況でした。カルテが無くても申請できる方法はないか?と当事務所へ相談に来られました。社労士による見解この方は18歳の頃から人と接する事に苦痛を感じたり、落ちこんだりする症状があり自宅に閉じこもるようになった為、父親に連れられて精神科を受診されました。その後は症状は軽快しましたが約1年後に 続きを読む

双極性感情障害で障害基礎年金2級を取得、年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況電話にてご相談頂き後日、事務所へお越し頂きました。社労士による見解相談時、ご本人から現在の状況をヒアリングした所、気分の浮き沈みが激しく働く事が出来ない状況が続いており日常生活面においてもサポートが必要な状況だった為、障害等級に該当する可能性が高いと判断しました。しかしながらご本人が記憶されていらっしゃる初診がH13年頃だった為、カルテを破棄している可能性があり申請が難航する事が考えら 続きを読む

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。