電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

脳出血で障害厚生年金3級に認められ年額約58万円を受給できた事例

相談時の状況

ご本人様よりお電話で相談頂き、後日、来所して頂きました。

社労士による見解

この方は約2年前、急に右半身に力が入らなくなり、呂律が回らない、よだれが垂れるなどの症状があり救急搬送された病院で脳出血と診断されました。

幸い命に別状なく手術の必要もない状態でした。約半年間入院してリハビリを続けましたが右半身麻痺となり装具や杖を使用しなければ歩行が不安定な状況でした。

相談時点では職場復帰され事務などの仕事をしていましたが集中力が続かなかったり疲れやすいといった症状があったり、移動の際に同僚からサポートを受けている状況でした。

麻痺の程度や日常生活の状況からも障害等級に該当している可能性があると判断しました。

相談から請求までのサポート

障害認定日時点で障害等級に該当している可能性が高いと判断し障害認定日時点での状態で診断書を作成依頼し、障害認定日請求としました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年額約58万円を受給できました。

発症から1年6カ月間は傷病手当を受給されていました。障害年金が発症から1年7カ月目から受給できる事となり経済的な不安の軽減になったと喜ばれました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「脳血管障害」「身体障害」の記事一覧

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。