電話で相談予約 099-210-2825

メールでのご予約

相談予約

メニュー

感音性難聴

両側感音性難聴で障害厚生年金2級を取得、年額約195万円を受給出来た事例

相談時の状況事務所へお越し頂き面談しました。社労士による見解この方は20歳の後半頃から高音が聞こえにくい症状がありました。日常生活には特段支障がなかった為、受診していませんでした。約10年前から人との会話が難しい状況になり受診し両側感音性難聴と診断され 補聴器の使用を勧められました。特に治療法がないとの理由でその後は受診していませんでした。その後も徐々に聴力が落ちていき言葉でのコミュニケーションが 続きを読む

障害年金に関するご相談は
初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。