うつ病で障害厚生年金2級に認められ年額約106万円受給出来た事例

相談時の状況

 ご本人より電話でご相談頂き、後日来所して頂きました。 

社労士による見解

 この方は約2年前より夜間の不眠や身体の重さ、痛みを自覚するようになりました。仕事中の様子に異変を感じた職場の同僚から受診を勧められメンタルクリニックを受診し、うつ病と診断されました。

その後暫くは内服治療をしながら仕事を続けましたが、職場でのストレスもあり症状が悪化。仕事を続ける事が出来なくなり退職されその後、仕事に就く事ができず無職の状態が続いていました。

日常生活の状況をヒアリングしたところ家事は殆どできず家族のサポートを受けている状況でした。気持ちの落ち込みや人目が気になる為外出ができず病院受診以外は殆ど外出せず閉じこもりの状態が続いていました。このような日常生活の状況からも障害等級に該当している可能性があると判断しました。

 相談から請求までのサポート

 受診の際に日常生活の状況を医師へ殆ど話をしていらっしゃらないとの事だった為医師が日常生活の状況を把握していない可能性が高い状況でした。医師が日常生活の状況を把握していない場合、実態と異なる内容で診断書を作成されてしまう事がある為、ヒアリングにて聞き取った内容を書面にてまとめ、診断書作成依頼の際に情報提供しました。結果、実態に即した内容で診断書を作成して頂けました。

 結果

障害厚生年金2級に認められ年額約106万円給できました。

気持の落ち込みや意欲の低下から働く事が出来ない状態が続いていらっしゃいましたので大変安心されたご様子でした。

また障害年金を受給し治療に専念し病状が改善したら就労したいとの意欲も見せられました。

精神疾患の最新記事

障害年金の受給事例の最新記事

無料相談会ご予約受付中 無料相談会の詳細はこちら

受給事例

障害年金 無料相談 受付中
LINE@ x 鹿児島 障害年金サポートセンター LINEでのご予約・ご相談も受け付けております