多系統萎縮症について

(臨床調査個人表国更新のダウンロード)

1. 線条体黒質変性症とは

最初パーキンソン病に似ていますが、やがてフラツキや排尿障害などが出現して、抗パーキンソン病薬も効きにくい病気で多系統萎縮症という疾患の一つの病型です。

2. この病気の原因はわかっているのですか

オリゴデンドログリアや神経細胞の中にαシヌクレインという蛋白質が凝集した封入体が形成されます。これらを手がかりに発症機序の研究が進んでいますが、まだその全貌は分かっていません。

3. この病気ではどのような症状がおきますか

パーキンソン病に 似ていて、筋肉がかたく、こわばり、動作が遅く、ゆっくりになります。また、話しにくくなり、歩くのが難しく、転びやすくなります。まれながら、手や指のふるえも見られます。やがて、立ちくらみや、尿の排出が困難になり便秘になるといった自律神経症状や、小脳の病変によるふらつきや話しにくさもみられます。明らかな知能の障害はほとんどありません。


無料相談会ご予約受付中 無料相談会の詳細はこちら

受給事例

障害年金 無料相談 受付中
LINE@ x 鹿児島 障害年金サポートセンター LINEでのご予約・ご相談も受け付けております