脳疾患

脳出血で障害厚生年金3級に認められ年額約58万円を受給できた事例

相談時の状況ご本人様よりお電話で相談頂き、後日、来所して頂きました。社労士による見解この方は約2年前、急に右半身に力が入らなくなり、呂律が回らない、よだれが垂れるなどの症状があり救急搬送された病院で脳出血と診断されました。幸い命に別状なく手術の必要もない状態でした。約半年間入院してリハビリを続けましたが右半身麻痺となり装具や杖を使用しなければ歩行が不安定な状況でした。相談時点では職場復帰され事務な
続きを読む >>

脳梗塞で障害基礎年金1級に認められ年額約120万円を受給出来た事例

相談時の状況ご主人より電話で相談頂き、後日、ご主人に来所して頂きました。ご本人はリハビリ病院へ入院中の為来所できませんでした。社労士による見解この方は約、1年半前に自宅で倒れ、救急搬送された病院にて脳梗塞と診断されました。その後はリハビリ専門の病院へ転医しリハビリを続け、日常生活動作はわずかに改善しました。相談時点でもリハビリ病院へ入院中でしたが依然として右半身の重度麻痺により日常生活に多くの介助
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級に認められた事例

相談時の状況お父様より電話にて相談頂き、後日来所頂きました。社労士による見解この方は小学校の頃より学習面で遅れが出始め、中学生の頃にIQの低さを指摘されていました。特に数字が苦手で計算が出来ず、学校の成績は下位でした。中高一貫校を卒業後は県外の短大に進学し寮生活となりましたが、金銭管理が出来ず友人からお金を借りても返さない等でトラブルになったり学校の単位が取得できない状況があった為、退学。退学後は
続きを読む >>

脳出血で障害基礎年金1級を取得、年額約120万円を受給できた事例

相談時の状況奥様より電話でご相談頂き後日来所して頂きました。来所の際はご本人様が入院中だった為奥様と面談させて頂きました。社労士による見解この方は相談へ来られる半年前に脳出血を起こし、後遺症として左半身麻痺となりました。相談日時点でリハビリ専門病院に入院されており日々リハビリをされていらっしゃいましたが左半身麻痺の状況は変わらず、あらゆる日常生活動作に介助が必要な状態でした。また半年後には65歳に
続きを読む >>

アルツハイマー型認知症で障害基礎年金級を取得、年額約97万円を受給できた事例

相談時の状況電話にてご相談頂き後日、事務所へお越し頂きました。ご本人様が入院中でしたのでご主人と面談させて頂きました。社労士による見解この方は3年程前から調理器具の使い方がわからなくなったり、計算が出来なくなりなりはじめました。脳神経外科を受診したところアルツハイマー型認知症と診断されました。その後は内服の影響もあり認知症の進行はゆるやかでしたが相談に来られる半年程前より意味不明な言動や徘徊などの
続きを読む >>

脳出血後遺症で障害基礎年金1級を取得、総額約400万円を受給できた事例

相談時の状況ご主人からメールにて相談頂き、後日、事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は約5年前に頭痛とともに右半身の脱力感や言葉が出ないといった症状があり救急搬送され脳出血と診断されました。その後リハビリの為回復期の病院へ転院され、約半年間リハビリをしましたが右半身に強いマヒが残りました。相談に来られた時点では右半身のマヒにより歩行はままならず日常生活の動作の殆どが自分一人では行えず家
続きを読む >>

アルツハイマー型認知症で障害厚生年金2級に認められた事例

相談時の状況 娘さんから電話にて相談頂き、後日ご本人、娘さんに事務所へお越し頂き面談を行いました。 社労士による見解 60歳前半の方で、3年程前より仕事中に指示された事を忘れる等、仕事上のミスが増え怒りっぽくなり仕事に支障をきたすようになりました。娘さんと一緒に近くの病院を受診し認知症の可能性があると指摘され、大きな病院へ転医し詳しい検査の結果、アルツハイマー型認知症と診断されました。その後
続きを読む >>

無料相談会ご予約受付中 無料相談会の詳細はこちら

受給事例

障害年金 無料相談 受付中
LINE@ x 鹿児島 障害年金サポートセンター LINEでのご予約・ご相談も受け付けております