精神疾患

統合失調症で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況ご本人様よりお電話で相談頂き、後日、お父様と一緒に来所して頂きました。社労士による見解この方は約2年前より、妄想症状が始まり意味不明な言動があったり突然家を飛び出すなどの行動から警察に保護される事が度々ありました。交番へ行き意味不明な言動をしたり挙動不審な行動が見られた為、緊急措置入院となりました。入院後暫くは興奮状態が続いていた為、隔離病棟でしたが次第に落ち着き一般病棟へ移り、約3カ
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給出来た事例

相談時の状況お母さまより電話で相談頂き、後日来所して頂きました。ご本人は体調不良により来所できませんでした。社労士による見解この方は幼児期より言葉の発達の遅れが見られ他者とコミュニケーションを取る事が苦手な為、友達関係を築く事が出来ず1人で過ごす事が多い状況でした。高校を卒業後は事務などの仕事に就きましたが仕事を覚えられなかったりミスをする事が多かった為、どれも長続きしませんでした。特定の事や物に
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級に認められ年額約138万円を受給できた事例

相談時の状況ご本人より電話にてご相談を頂き、後日、奥様と一緒に来所頂きました。社労士による見解この方は5年程前から不眠や強い不安感を感じるようになり精神科を受診されました。初診時に医師から暫く休職するように勧められましたが仕事が忙しく、休職は出来ず仕事を無理して続けました。その後も症状は続き仕事が続けられない状態となり退職しました。その後、再就職しましたが入退院を繰りかえし、安定した就労が出来ない
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況お父様より電話にて20歳になるタイミングで障害年金の申請をしたいとの相談を頂き、後日お父様、お母さまに来所頂きました。社労士による見解この方は保育園に入園した頃から他の園児と違う行動を取ったり、うまくコミュニケーションがとれない状況があり、検診で知的障害の可能性を指摘されていました。小学校では普通学級でしたが授業内容を理解する事ができず、突然教室を飛び出してしまうなどの行動がありました
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級に認められ年額約78万円を受給できた事例

相談時の状況ご本人様よりお電話で相談頂き、後日来所して頂きました。社労士による見解この方は約7年前より、自分を脅迫するような幻聴が聞こえたり、誰かに監視されているような感覚を感じるようになりました。次第に妄想状態も激しくなった為、精神科を受診し統合失調症と診断されました。内服での治療により妄想や幻聴の症状は治まりましたが、落ち込みや無気力の症状が出るようになりました。薬の量を減らすと、妄想などの症
続きを読む >>

初診の病院が閉院でも障害厚生年金3級に認められた事例

相談時の状況ご本人よりメールにてご相談頂き、後日事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は3年程前より会社での人間関係が原因で不眠や気持ちの落ち込みが強くなりメンタルクリニックを受診しうつ病と診断されました。約1カ月間休職した後、復職しましたが、うつ症状が悪化した為退職となりました。退職して以降は、うつ症状に加え時折、そう状態となる事があり仕事が出来ない状態が続いていました。何度か転医して
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、総額約640万円を受給できた事例

相談時の状況電話にてご相談頂き後日、事務所へお越し頂きました。ご本人様が来所困難な為、ご主人と面談させて頂きました。ご主人が年金事務所にて手続きを進められていましたが書類作成や年金事務所とのやりとりに大きな負担を感じていらっしゃいました。社労士による見解この方は17年程前より不眠や漠然とした不安感があり精神科を受診し、うつ病と診断されました。その後も症状は悪化し次第に幻覚や幻聴の症状が出始め、夜間
続きを読む >>

社会保険加入中、知的障害で障害基礎年金2級を受給した事例

相談時の状況お母様より電話にてご相談頂き、後日ご本人、お母さまに事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は2歳頃から指示がうまく通らず言葉でのコミュニケーションが困難な状況でした。小学校は普通学級でしたが算数は殆ど出来ず成績はいつも下位。中学校では特殊学級となり高校へ進学。療育手帳の申請を勧められましたが父親が猛反対し取得されませんでした。高校卒業後は自衛隊へ入隊され8年後自衛隊を退職。退
続きを読む >>

感情障害で障害厚生年金2級を取得、年額約180万円を受給できた事例

相談時の状況ご主人より電話にて相談頂き、後日来所頂きました。ご本人、ご主人と面談させて頂きました。社労士による見解この方は長年、医療職として働いてこられましたが2年程前より不眠やイライラ、落ち込みの症状を自覚するようになり精神科を受診し感情障害と診断されました。仕事はしばらく続けられましたが感情のコントロールが難しく仕事にも支障が出始めた為、休職。その後症状が改善した為復職されましたが、すぐに症状
続きを読む >>

双極性感情障害で年間約78万円を受給できた事例

相談時の状況お父様が手続きを進めていらっしゃいましたが初診が25年前でありカルテも破棄されており申請を諦めている状況でした。カルテが無くても申請できる方法はないか?と当事務所へ相談に来られました。社労士による見解この方は18歳の頃から人と接する事に苦痛を感じたり、落ちこんだりする症状があり自宅に閉じこもるようになった為、父親に連れられて精神科を受診されました。その後は症状は軽快しましたが約1年後に
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
無料相談会ご予約受付中 無料相談会の詳細はこちら

受給事例

障害年金 無料相談 受付中
LINE@ x 鹿児島 障害年金サポートセンター LINEでのご予約・ご相談も受け付けております