がん

悪性黒色腫で障害厚生年金1級に認められた事例

相談時の状況メールにてご相談頂き後日、ご主人と一緒に事務所へお越し頂きました。社労士による見解この方は相談に来所される約8カ月前に産婦人科を受診し悪性黒色腫と診断されました。薬の副作用により肝機能が低下しており将来的には人工肛門、人工膀胱になる可能性が高いと医師より言われていました。相談時点で初診から8カ月程度しか経過しておらず申請が出来ない状況だった為、初診の証明のみ現時点で取得し、1年6カ月時
続きを読む >>

乳がんの全身転移で障害年金2級を取得、約500万円を受給した事例

相談時の状況ご家族から電話にて相談頂き、後日、事務所へお越し頂きました。 ご本人は外出できる状態ではなくご家族と面談させて頂きました。社労士による見解この方は約10年前に左胸にしこりを感じて受診。 乳がんと診断され左乳房全摘出手術を受けまもなく抗がん剤の治療となりました。リンパ摘出していた影響でリンパ浮腫になり日常生活に大きな制限を加える必要がある状態でした。 その後も治療を続けていましたが5年
続きを読む >>

直腸がんでの障害年金の受給事例

直腸がんを患った奥様のために、障害年金の受給に関してご相談にいらっしゃいました。初診日から約1か月後に人工肛門を設置しておられましたので、1年半を経過せずとも申請できる状況でした。人工肛門設置だけだと、障害等級は3級相当です。 しかし初診日時点で加入しておられたのは、2級以上でなければ受給できない国民年金でした。奥様のご状況をヒアリングしてみると、癌が肺にも転移しており、また抗がん剤治療の影響でウ
続きを読む >>

乳がんによる障害年金受給事例

Sさんのお兄さんから、「Sが癌だが、障害年金は乳がんでも受給できるのか?」 と連絡がありました。Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛 などがみられていました。また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。 その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていましたが、 骨に転移が判明してしまいました。障害年金の受給の可能性が高いことがわかりました。 また、条件とし
続きを読む >>

無料相談会ご予約受付中 無料相談会の詳細はこちら

受給事例

障害年金 無料相談 受付中
LINE@ x 鹿児島 障害年金サポートセンター LINEでのご予約・ご相談も受け付けております